• 従業員の勤怠管理にタイムカードを導入

    新しく会社やお店を運営しようと計画しているなら、従業員の勤怠管理にタイムカードを導入すると良いです。


    タイムカードを導入することで、従業員の勤務時間を正確に把握することができ、給与計算の手間を減らすことができます。
    タイムカードには日付と出社時と退社時の時刻を記録します。


    記録する方法はタイムレコーダーと呼ばれる機械で行います。

    ビジネスジャーナルに関する情報を公開中です。

    タイムレコーダーにカードを挿入することで、カードを挿入した時の日付と時刻を印字してくれます。
    出社時と退社時の時刻を記録することで、従業員の勤務時間が何時間なのか計算するのが楽になります。


    日付も印字されることから、その日に従業員が出社しているかどうか確認することもできます。
    タイムレコーダーは基本的な性能を持った物なら2万円程度で購入できます。


    購入はメーカーのホームページやショッピングサイトなどで簡単に注文できます。



    タイムレコーダーを購入する時は、万が一に備えて保証期間のある商品を選ぶと良いです。
    保証期間内であれば故障した時や不具合がある時に、無料で修理や新しい物と交換してくれます。


    紙媒体のタイムカードは使い捨てなのでランニングコストが掛かります。


    カードは100枚入りで約1700円程度になります。

    従業員が多い会社などでは、このランニングコストが大きな負担になることも考えられます。


    逆に従業員の少ないお店などでは、1年で200枚使うかどうかなので、ランニングコストの負担は小さいです。



  • 基礎知識

    • 勤務については記録することが必要で、勤務表など会社には保管期間の設定もあります。記録した勤務を保管できるものとしてタイムカードがあります。...

  • 科学の話

    • 労働者の勤務時間をきちんと把握するのは使用者側の義務であり、労働時間算定を正しく行うことによって様々な労使間のトラブルを防ぐことが出来ます。逆に言えばタイムカードやその他の手段によって労働時間を算定する義務を果たさないと、例えば過重労働によって労働者の疲労蓄積や心身の変調に気がつくのが遅れて、最悪の場合過労死やメンタル疾患を引き起こして訴訟されるリスクが高まります。...

  • 知りたい科学事情

    • 会社員の方が出勤される時はどこの会社でも導入されているのがタイムカードです。ひと昔前では遅刻しそうになると同僚などに頼んで押してもらっていた方もいらっしゃいます。...

  • 身に付けたい知識

    • タイムカードはタイムレコーダーに挿入した時の時間を記録するための専用の用紙です。タイムレコーダーに挿入する回数は、土日が休みの会社の場合、1週間に5回×2=10回、一か月間では40回の挿入をするため、タイムカードは厚紙になっているのが特徴です。...