• タイムカードと各種届出について

    タイムカードはタイムレコーダーに挿入した時の時間を記録するための専用の用紙です。

    タイムレコーダーに挿入する回数は、土日が休みの会社の場合、1週間に5回×2=10回、一か月間では40回の挿入をするため、タイムカードは厚紙になっているのが特徴です。また、表面と裏面には日付が記載されており、15日から31日までが表面、1日から14日までが裏面と言った具合に、15日間の記録が片面に行えるようになっているのが特徴です。



    会社に出社した時と退社する時の2度タイムカードを利用して時間を記録する事になりますが、電車などの遅れにより遅刻の時間帯に打刻した場合、所定の届け出を行えば遅刻にならずに済むと言った特徴もあります。



    タイムレコーダーは勤怠管理で利用する時間を記録するための設備機器であり、タイムレコーダーに挿入して時間を記録するのがタイムカードです。
    タイムレコーダーには会社毎の就労規則に合わせて設定が行われているのが特徴です。


    例えば、出社時刻は9時の会社もありますし、8時10分の会社もありますので、それぞれの開始時刻をタイムレコーダーで設定しておけば遅刻や早退と言った管理がし易くなります。所定の届け出には遅刻や早退、有給休暇、欠勤などの種類がありますが、これらの届け出はタイムカードに記録されている情報と合わせて利用する事で、勤怠管理を円滑に進める事が出来るようになりますし、電車の遅れで9時過ぎに打刻をしても遅刻の扱いにならずに済むと言うメリットもあるわけです。

    goo ニュースについて補足説明いたします。