• タイムカードで勤怠管理

    勤務については記録することが必要で、勤務表など会社には保管期間の設定もあります。

    記録した勤務を保管できるものとしてタイムカードがあります。

    タイムカードは一ヶ月ごとに一枚使用するタイプが一般的で、日々の勤務が記録できるようになっています。勤務には出勤と退勤があり、出勤した時刻、退勤した時刻を記録するようになっています。タイムカードは簡単に使用することが出来るので使いやすいという反面、計算をしなければならないことになります。
    毎日の出勤時刻と退勤した時刻だけでは勤務時間が分からないために差し引きをして計算をするのです。計算をするのは勤務時間だけではなく残業時間も計算しなければならないのです。

    livedoorニュースの基礎知識をご説明をしたいと思います。

    残業というのは所定の労働時間に対して多く働いているならその時間数分手当として支給をしなければならないという決まりがあるのです。また残業の中には深夜早朝時間というものがあり、手当の額が変わってくるのです。

    これだけの計算をタイムカードにするのは手計算となり手間がかかるのです。



    従業員の人数が多くなるとその作業負担も大きくなることと、人事などで確認作業も増えてしまうことになります。タイムカードを使用するなら自動的に計算結果が印字されるような機能を持ったタイムレコーダーを使用することです。



    これだけでもかなり作業軽となります。
    またタイムレコーダーも指紋認証ができるもの、ICカードなどより効率的に勤務時間を計算することが出来るものがあります。