• タイムカードの今と昔

    会社員の方が出勤される時はどこの会社でも導入されているのがタイムカードです。ひと昔前では遅刻しそうになると同僚などに頼んで押してもらっていた方もいらっしゃいます。


    しかし今の時代は技術革新、コンピューターシステムの導入が進んでいましてこのような不正は出来なくなっています。

    それは世間一般に使っていますタイムカードからタイムレコーダーの導入を多くの企業が採用しているからです。
    このタイムレコーダーは銀行などのATMで盛んに使われています生体認証を用いているシステムなのです。


    個人々の認識を機械が行うのです。



    そして他の認証の方法としましてはICカード認証があります。

    これは従業員が個々にカードを与えられて出退社時にカードでおこなう認証です。

    評判が高い毎日新聞サイトで情報を入手してみて下さい。

    このシステムは生体認証よりも多くの企業で用いられています。
    これらの認証方法は従業員の勤怠管理におおいに役立ちますので採用している企業が今日では増えています。

    このことは人間が機械にコントロールされていると感じていらっしゃる方もいます。

    そのために以前のタイムカードを懐かしがる風潮もあります。



    特に年配の方にはこのような認証システムには多少の抵抗もあります。

    しかしこのシステムの導入は出退時間の管理以外にも残業時間の把握に努めている企業側の意向が反映しています。

    このことは正しい勤務状況を知り、労使双方が過重労働をなくすためにも必要なことです。タイムカードひとつをとりましても、働く人の意欲向上のために進歩することは歓迎されることです。